熊本で通ったスイミングスクール。

私は現在は東京在住ですが、高校を卒業するまで熊本の田舎の方に暮らしていました。子供のころの習いごとといえば、ピアノ、お習字、スイミング、そろばんなどが流行っていました。私の両親は私がやりたいと言ったことはなるべくやらせてあげようと思っていたそうです。初めてやりたいと言ったのはピアノでした。一番の仲良しだった子がピアノを習っていたからです。


次にやりたいと言い出したのはスイミングでした。なぜやりたいと思ったのかは思い出せません。仲のよい友達がいるわけでもなく、幼稚園の頃はクラスで一番泳げなかった私がなぜそう言い出したのかは今でも謎のままです。両親は早速近所のスイミングスクールへと通わせてくれました。当時ピアノも習っていたのに、裕福ではなかった我が家で良く通わせてくれたと思います。


両親いわく、水泳は習っていて損はないし、体も丈夫になるだろうとの考えだったそうです。スイミングスクールでは友達もいなく、一人で寂しかったのを覚えています。しかし、先生と泳ぐのがとても楽しく、泳げるようになるのが嬉しくて長く続けることが出来ました。おかげで体力もつき、水泳が得意になりました。現在も運動不足解消のために、時々区民センターなどに泳ぎに行ってます。両親に感謝をしたいです。



◆PR